お問い合わせ・ご予約

初診専用ダイヤル

050-7542-9961

再診・その他お問い合わせ

04-7184-2310

   

24時間メールお問合せ

メールお問い合わせ

WEB予約

こちらからWEB予約が可能です

インプラント治療|千葉県我孫子駅前の我孫子健康歯科・矯正歯科

初診予約:050-7542-9961、再診・その他:04-7184-2310 facebook
我孫子健康歯科・矯正歯科

インプラント治療

何らかの理由で歯が抜けてしまったときに代わりとなる義歯をはめる治療法の一つが『インプラント』です。インプラントでは土台となる人工歯根を歯茎に埋め、その上から人工歯をかぶせていきます。従来では歯を失ったときの治療としては入れ歯やブリッジが一般的でした。しかしインプラントはその二つの治療法が持つデメリットを克服しており、多くの患者様により良い治療を提供することができています。

このように紹介するとインプラントは最近確立された治療法だと思われる方もいるかもしれません。たしかにここ最近になって人気や知名度が高まった治療法ですが、実は数十年前から提供されています。その数十年の中で治療法は幾度も改善されているため、技術はもちろん安全性は充分に保障されているといっていいでしょう。安心して受けていただくことができる治療法です。

当院ではインプラントの専門医が治療を提供します

インプラントはすでに技術が確立され安全性の高い治療法ではありますが、その専門性は非常に高い治療分野だということができます。またアプローチする顎の骨は患者様ひとりひとり状態が異なるため、手術においてはミクロの領域の調整が必要となります。満足度の高い治療を患者様に提供するためには確かな技術と知識、そして何より経験が不可欠です。

当院ではインプラントの専門医がおりますのでレベルの高いインプラント治療を提供できるだけではなく、治療を受ける前に相談や質問にも適切に対応することができます。

歯がなくなった状態を放置する危険性

歯が失われた状態をそのままにしているとどのような事態を招いてしまうでしょうか。そのままにしていても歯がないことが不便なだけで何も問題がないと思っている人が多いようですが、そんなことはありません。健康上の様々なトラブルをいずれ招いてしまうことになるのです。

周囲の歯が動いてしまう

歯が失われると空いた隙間に隣接している歯が徐々に倒れ込むようになり、移動してしまいます。またそれまで噛み合わせていた歯はその相手を失い、徐々に伸びていってしまいます。

噛み合わせが乱れる

周囲の歯が徐々に移動することで、全体の噛み合わせも乱れていきます。

歯の状態が悪化していく

歯が抜けるとその部分では満足に噛めなくなり、反対側ばかりで噛むようになりがちです。そうすると反対側に過度の負担がかかるようになり、やがてダメージが蓄積されてしまいます。そういったダメージは歯自体の免疫力を弱め、虫歯菌や歯周病菌に侵されやすくなってしまうのです。

歯並びが乱れて、見た目が悪くなる

歯が抜けている状態でもすでに見た目の印象はだいぶ変わってしまいますが、周囲の歯が移動するとその状態はさらに悪化します。また抜けた歯が奥歯であれば前歯に不自然に力がかかるようになり、出っ歯の原因となることがあります。さらに満足に噛めない側は顎の筋肉や表情筋を動かさなくなるので、しわやほうれい線が目立つようになります。

顎関節症を引き起こす

噛み合わせは顎の筋肉に影響を与えます。噛み合わせが悪化して不自然に力がかかるようになると、いずれ顎関節症を引き起こしてしまいます。

全身が痛み始める

悪影響は口内だけではなく、やがて全身にも及ぶようになります。肩凝りや片頭痛、四肢の筋肉痛などの原因となるのです。

義歯治療が困難になる

歯を失った状態に不便を覚えた人はいずれ義歯治療をしようと思い立つでしょう。しかしその状態を長く放置していたならすぐに義歯治療に入れるとは限りません。周囲の歯が動いてしまい、義歯を本来入れるためのスペースが狭くなっているかもしれません。または周囲の歯がむし歯や歯周病を発症しているかもしれません。そのときにはそれぞれに必要な治療を先に施す必要があります。早い段階から義歯治療に踏み切っていればこのような事態を招くことはありません。

インプラントのメリット、デメリット

インプラントは従来の義歯治療と比べて多くのメリットがある画期的な治療法ですが、注意点もあります。ここではメリットとデメリットの両方を紹介するので、それらを充分に理解したうえでご自身にとって最適な治療法を選択するようにしてください。

インプラントのメリット

  • よく噛めるようになる
  • 天然歯のような自然な仕上がりを実現できる
  • 使用感が良い
  • 取り外す手間がいらない
  • 治療の際に周囲の歯を傷めない
  • 適切にメンテナンスを行えば長期にわたって使用できる

インプラントのデメリット

  • 自由診療となるため保険診療に比べて治療費が高くなる
  • 治療開始から終了までに数ヶ月を要する
  • 外科手術を伴うため、合併症が起こるリスクがある
  • 口内や顎の骨の状態によってはすぐに治療を受けられないことがある
  • メンテナンスを怠ると抜け落ちることがある

インプラントの特徴・まとめ

インプラントの最大の特徴は天然歯のような機能を持つことと、治療に際して周囲の歯にダメージを与えないことです。インプラントは歯が抜けた箇所の歯茎を切開し、そこに天然歯根を埋め込みます。そして天然歯根が顎の骨に充分に定着したらその上から天然歯のような見た目の人工歯をかぶせるという手段を取ります。そのため治療領域は歯が抜けた箇所だけに済み、入れ歯やブリッジのように周囲のまだ健康な歯に負担をかけることが基本的にはありません。隣接する歯を必ず削らなくてはならないブリッジと比べてこれは大きな利点だということができます。

そして出来上がった人工歯は天然歯のような機能を発揮します。顎の骨にしっかりと定着しているため天然歯と同じように噛むことができ、食事の妨げとなることがありません。また滑らかなセラミック製なので天然歯と並んでも一見しても義歯だとわからないくらいの仕上がりとなります。こちらは歯の固定のために不可欠な金具が目立つ部分入れ歯と比べて大きな利点でしょう。

ただ気を付けなければならないのはインプラントは全て自由診療で提供されるということです。自由診療とは保険証の範囲外の治療のことで全額が自己負担となります(それに対するのは自己負担が三割に収まる保険診療です)。他の保険診療の義歯治療と比べるとどうしても高額になるので、経済的な面も含めて歯科医と相談されることをおすすめします。

金額的には高くなりますが、それを補って余りあるメリットがインプラントにはあると当院では考えています。適切なメンテナンスを行えば歯周病などで抜け落ちることがなく、数十年という長期にわたって使用し続けることも可能です。そうすると初期費用こそ高くはなりますが、他の義歯治療に比べて最終的なコストパフォーマンスが良いといえる場合もあるのです。また使用感も良く、食事や発音に支障を来たさないため日々を活発に送ることができるようになるでしょう。
ただし現在の口内環境や顎の骨の形によってはただちに治療を受けられないこともあります。インプラントを検討されている方はまずは当院までご相談ください。経験豊かな専門医がどのような質問にも親身になって回答いたします。

 

PAGE TOP